すべての手順を簡素化する | ホットライン: (033) 534 4640

事業の種類を変更する手順

型変換の手順

有限責任会社から共同会社または共同株式会社に、民間企業から有限責任会社まで、1メンバーの有限責任会社、または2つ以上のメンバーに転換し、条件と法律の規定を確保する企業。 企業のタイプを変革することは、ビジネスの効率性を高め、経営を専門化し、そのビジネスの規模、開発、ビジネス志向に適した法的困難を解決するのに役立ちます。

企業は自発的に変革するのではなく、企業の設立に関する法律で定められた条件をすべて満たし、企業の種類を変革する権利をする必要があります。 しかし、債務、労働契約、変革された会社のその他の義務を含む、債務(銀行口座)を担当するすべての正当な権利と利益を引き継いでいます。

企業の変革の形態

現行法の規定に従って、企業は次の場合に従ってあるタイプの会社から別の会社に転換することができます。

  • 民間企業から1メンバーの有限責任会社への型の変更
  • 民間企業から2メンバーの有限責任会社へのタイプ変更
  • 1 メンバーの有限責任会社から 2 人のメンバー限定責任会社への変更タイプ
  • 1メンバー限定責任会社から合資会社への型変更
  • 2 メンバー限定責任会社から 1 メンバー限定責任会社への変更タイプ
  • 2メンバー有限責任会社から合資会社への型変更
  • 合弁会社から2メンバーの有限責任会社へのタイプ変更
  • 共同会社から1人の有限責任会社への型変更

企業が本社を置く州または都市の計画投資部門の事業登録室で変更の登録手続きを完了すると、準備するドシエが含まれます。

  • 変換に関する会議の議事録。
  • 変換に関する決定。
  • 会社の種類の変更のための請願書;
  • 当社の会員・株主一覧
  • 変革企業の憲章草案
  • その他の必要書類

同時に、企業は企業のタイプを変革する際に会社のシールの種類を変更する必要があります

上記に関するご質問は 、(028)38201 012 までお電話ください。